フォトフェイシャルとは

みなさんは、フォトフェイシャルってご存知ですか?聞いたことがある、という方や「ああ、レーザーを当ててお肌をきれいにするんでしょ」くらいは知っている方も多いかもしれませんが、詳しくは知らないという方も多いのでは。そこでここでは、一緒にフォトフェイシャルについて、学んでみましょう!

 

フォトフェイシャルって何?

フォトフェイシャルとは、フォトって言っても写真などとは全く関係ありません。

お肌に光を当てて脱毛する方法はご存知の方も多いかもしれませんが、それと同様、お肌に光を照射してあらゆるお肌のトラブルにアプローチしよう、という医療機関で受けることのできる美容の手段で、最先端のスキンケア術なんです。光はお肌に優しいといわれており、痛さなどもレーザーと比べると格段に抑えられている、と言われていますよね。フォトフェイシャルでお肌に光を当てることで、しみ、そばかすにアプローチし、ツヤやハリ感をUPするのでアンチエイジング効果も期待できるといわれており、女性にとってはかなり気になるスキンケア施術と言えそうです。

 

フォトフェイシャルはマルチで使える?!

フォトフェイシャルって、一つの肌トラブルだけではなく、いくつかの悩みにアプローチすることができるんです。シミ、そばかす、赤ら顔、毛細血管、毛穴、縮緬じわなど、フォトフェイシャルはシミ、そばかすだけではなく、マルチで使えるスキンケア術なんですよね。

 

フォトフェイシャルの仕組みは?

フォトフェイシャルの仕組みは、光を当てるとお肌のメラニンに反応して熱が発生、それによってお肌にアプローチします。光は、お肌の奥深くまで届き、繊維芽細胞を活性化。結果として、コラーゲンの生産を促し、肌が若々しくふっくらとする、と言われています。お肌にとって安全な光なので、光を照射することで火傷などになることはないといわれています。

 

フォトフェイシャルの光について

フォトフェイシャルで光を使う、と言われても、フォトフェイシャルの光っていったい何の光なの?と思われるのではないでしょうか?フォトフェイシャルで使われているのは、IPLと呼ばれる光りです。インテンス・パルス・ライトというもので、たくさんの光をフィルターにかけ、お肌に最適なものだけが照射されるという仕組みになっています。特にメラニン色素に良く反応するようで、そのため脱毛施術などでも使われているのですね。フォトフェイシャルの需要は、これからさらに高まることは間違いなさそうです。